November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

遠近両用レンズとは?

本日もハヤシメガネブログ(2)をご覧頂きまして誠にありがとうございます!店長黒瀬(認定眼鏡士)です。
本日は”遠近両用レンズ”についてご紹介致します!

40代半ばを過ぎると長時間近くのものを見続けると目が疲れる事が多くなったり、小さな文字がクッキリと見えにくくなって、ひょっとして”老眼”かな?という方が多くなってきます。
”老眼”や”遠近両用”と聞くとどうしてもネガティブな印象を持たれる方が多いですが、遠近両用レンズのことを良く知って頂くと、とても快適で豊かな人生が待っています!


■老眼とは?
簡単に言えば老化による水晶体(目の中のレンズ)の硬化とピント合わせをする目の筋肉の衰え
これが俗に言う”老眼”です。(正しくは”老視”)
人間の目は近くを見る時にピントを合わせます。
そのための筋肉が衰えることによって近くが見づらくなってきたり、目が疲れたりするのです。

目の良い人が老眼になり、老眼鏡をかけると、レンズによって強制的にピントを手元に合わせますので、老眼鏡をかけたままでは遠くは見づらくなります。
近くが見えないことを老眼といい、近視の人が老眼にならないと誤解している人が多いようです。
近視の人は元の目の状態が近くにピントが合っていて、遠くが見えない代わりに近くが見やすい目です。
このことが近視の人は老眼にならないという誤解を生んでいます。
遠くが良く見えるメガネをかけてそのまま近くのものを見て見えにくかったり、すぐ疲れるようであれば老眼、またはその兆候が出ているということです。
残念ながら人間誰でも老化が起こります。誰でも老眼になるのです。

老眼鏡をかける、またはかけているメガネをはずす、かけ換えるという動作は煩わしいものです。

かけたり外したり、ずらしたりする仕草は「私は老眼です」と宣伝しているようなもので、”老い”を感じさせます。
”遠近両用”なら1つのメガネで小さな文字等を見る時だけでなくオールマイティーに使え、快適に「見る」ことができるだけでなく、他人から若々しくスマートに「見られます」

食事にしても味だけでなく、五感で味わうものであり、特に”見る”ことから得られる情報はとても大事です。
食べることに不自由はしていないとしても、見ることをないがしろにしては美味しさも半減です。
また、反対に老眼鏡をかけて料理がよく見えたとしても、今度は一緒に食事をしている家族や外の景色などは見づらくなってしまい、楽しい食事の時間を損なうものです。

”遠くも近くも見える”という”遠近両用”があなたの人生を豊かにします!

■遠近両用レンズ(メガネ)とは?
遠近両用メガネを使うことは特別なことでも何でもありません。
遠くの目的地に行くのに、歩くと疲れるので自転車や車に乗るのと同じです。
遠近両用レンズは1つのレンズの中に、遠く用の度数と近く用の度数が入っていて、見る場所で使い分ける、遠くから近くまで見ることのできるレンズです。
主流の累進屈折力レンズであれば見た目にも全く遠近両用メガネとわかりません。
掛け外しすることなく、快適に、おしゃれメガネとしてしぐさも見た目もファッショナブルに若返ることができます!

・遠近両用レンズの種類
1.累進屈折力レンズ

遠くから近くまで徐々に無段階でレンズ度数が変化している。
メリット
・どの距離でも焦点を合わせる事ができる。
・境目が無くて見ばえも良い。見た目には遠近両用と分かりません。
×デメリット
・レンズ両端にぼやけや歪みがある(※設計により程度は違います)
・慣れるまではどの距離のものをレンズのどの部分で見たら良いか探すのがやや手間。(約1ヶ月ほどで慣れます)
※遠近両用レンズの歪みやぼやけの少なさ、快適さを追求するのがレンズメーカーの技術の見せ所です。”設計”が良いレンズほど歪みやぼやけが少なく視野が広く快適です。

2.多焦点レンズ

1つのレンズの中に小窓のように1つか2つ近く用の度数が入っている。
メリット
・はっきりと分かれているため、レンズのどこを見たら良いか分かりやすい。
×デメリット
・見た目が悪い。
・度数は段階的なので、きちんと焦点が合わない距離がある。見る場所を変える時に急に見え方が変わる。
・種類が少ない。

どちらもメリット・デメリットがありますが、現在の主流は累進屈折力レンズです。


・遠近両用メガネは恐い?
遠近両用メガネ経験者から「遠近両用メガネは恐い」等の噂を聞いて、最初から遠近両用メガネを敬遠する人もいらっしゃいます。
上の図のように1つのレンズの中で度数が変化しているので、遠く・中間・近くと見たい距離に合わせて、見る部分を変えなくてはなりませんが(見る部分が合っていないと見えにくい)、「恐い」思いをした人の多くはその見方(使い方)に慣れていない・間違っている人です。階段を降りようとして、足元を見る時にレンズの中の下の部分(近く用度数)の部分で見てしまい、焦点が合わず、足元が良く見えず階段を踏み外しそうになったり、歪みやぼやけがある部分で見てしまって気持ちが悪い。等。

遠近両用メガネは”道具”です。漠然とかければ遠くも近くも見えるというものではありません。
使い方・見え方に慣れが必要です。通常1ケ月ほど慣れるのに時間がかかると思って下さい。焦らずに毎日少しづつかけてゆっくり慣れて下さい。慣れた方は自然にピントの合う位置で見られるようになります。
最近はレンズ設計が良くなっているので、慣れるのが早い方も多いようです。
  


・遠近両用メガネ慣れ方のポイント
1.最初は部屋の中で座って手元の新聞や遠くのテレビなどを交互に見て練習します。
慣れるために無理に長時間使用しなくても良いですが、短時間でも毎日使用して下さい。
レンズの両端に”歪み”や”ぼやけ”あるため、横目を使わず、見たい方向に顔を向けて見るようにして下さい。

レンズの上部〜下部にかけて度数が変化していますので、見たいものの距離に合わせて目を上下に動かさなくてはなりませんが、目だけを意識的に上下に動かすのは目を動かす筋肉も疲れてしまいます。

ピントの合わせ方としては、通常自然にかけてまっすぐ見た時に遠くが良く見えるようにレンズの位置を合わせて作りますが、さらにもっと遠くがよく見たい場合は少しあごを引いて上目使いのようにすると良いでしょう。(あごを引くと自然に目がレンズの上部にいきます)

近くが見たい場合は覗き込まずに顔をまっすぐ正面に向けるようにあごを上げると、目が自然にレンズの下部にいきます。

慣れないうちは手元のものを見る時に顔も下に向けてしまいがちですが、そうすると手元のものを見るのにレンズの上部、遠くを見る度数部分を見てしまうので、良く見えません。

あまり極端にあごを上げ下げすると見た目に違和感がありますが、慣れて自然にできると目を動かす筋肉も疲れにくいです。

長時間近くを見る時は顔を正面に向けたままで目を下ろした状態が疲れる時もあります。(または首の後ろが疲れる、痛くなるということも。)
近くを長時間見る場合、メガネを少し鼻の上目にかけて頂くと、近く用の度数部分が目に近づき、目をあまり下に下げなくても、視野が広く見やすくなります。
逆に長時間遠くを見やすくする場合は下目にかけて頂くと良いです。

※目線より上にある近くのものを見るためには必要以上に首を上げる必要があり、首が疲れやすくなります。そのような環境で使用することが多い方は、ご相談下さい。


2.少し慣れてきたら部屋を歩いて、さらに家の中を、そして外へと順にステップを踏んで下さい。
段差・階段を上ったり下りたりする時は、十分下を向いてレンズの上半分で足元を見るようにして下さい。
目を下に動かして階段を見ると、遠近両用では焦点が約40cmとなりますので、足元がはっきり見えず危険です。

※特に降りる時がその影響が出やすいです。ご注意下さい。


3.十分慣れれば車の運転もできるようになりますが、ミラーを見る時、バックをするときは十分気をつけて下さい。

遠近両用メガネは目とレンズの距離・角度(かけ具合)によっても見え具合が大きく変わります。2週間経っても全く慣れないようであれば、かけ具合を再確認・再調整させて頂きます。約8割の方がかけ具合の調整で改善されます。

レンズの度数を変えた方が良い場合は、半年間は無料で度数交換をさせて頂きます。(長くかけないと分からないこと、長くかけて初めて分かることもございます。お気軽にご相談下さい。)

老眼が気になり出すのはだいたい40歳位で、そのくらいで遠近両用を使い始めると、「遠」と「近」の差が少なく視野の歪みが少ないので慣れやすいようです。年を取ってからでは、差が大きくなりなかなか使い勝手に慣れることが出来にくいようです。中にはどうしても慣れないという人もいらっしゃいますが、ハヤシメガネでは半年間はレンズを無料で交換できますのでご安心下さい。

遠近両用メガネは大きいメガネフレームというイメージがあります。
最近はクラシカルな大きめのデザインが流行していますので、そのようなメガネをご使用の方にはちょうど良い(?)ですが、細くスマートなメガネをご使用、お好みの方もご安心下さい!

”遠近両用ショートタイプ”のレンズであれば大丈夫です!

※通常タイプと比べると短い距離で度数が変化するので、歪みが少し多くなります。(早めに始めると歪みは少なく慣れやすいです。)

ちなみに、年齢を重ねると目を動かす筋肉も衰えてきて、目を上下に動かしにくくなります。

そのような方にも目を上下に動かす幅が狭い”遠近両用ショートタイプ”はオススメです。(※大きなフレームに”遠近両用ショートタイプ”を入れることもできます。)

・再チャレンジ遠近両用!
ハヤシメガネにお越しのお客様には今までに遠近両用を試したけど、慣れなかった、良く見えなかったとおっしゃる方がいます。できた遠近両用メガネは実際使ってみて微調整をしなければ良く見えない、慣れにくいことがあります。
遠近両用の不具合は約80%かけ具合、目とレンズの焦点の位置合わせで直ります。また、その方のライフスタイルをきっちり把握した上での度数であるかも大事です。他店様でお買上げの遠近両用メガネでもかまいません。不具合があればご相談下さい!

全国的には老眼鏡が必要な方の約30%ほどしか遠近両用メガネを使用されてないようです。
ハヤシメガネでは適正な度数測定、使用用途のカウンセリングによるレンズ選定、アイポイント設定、アフターケアで約60%の方に遠近両用メガネをご使用頂いています。

ハヤシメガネでは試しに視力測定や遠近両用メガネを無料体験することができます。是非一度体験してみて下さい!
ハヤシメガネではメガネフレーム+遠近両用レンズのセットで15,000円+税からお買い求め頂けます。

しかし、遠近両用が誰にとってもどんな時でも完璧という訳ではありません。

特に近くを見る部分の視野は遠くを見る部分に比べて狭く、近くを広く見なければならない方にとっては不向きな場合もあります。

そのような方には”中近両用メガネ””近々両用メガネ”というものもあります!!
>”中近両用メガネ”、”近々両用メガネ”の詳細はこちらをご覧下さい!

 

ハヤシメガネカード会員募集中

年会費永年無料!ハヤシメガネでご利用の場合、いつでも分割10回払いまで分割手数料なし!

 

スマートフォンQRコード決済

現在下記4種類ご利用頂けます。


"楽天ペイ"”PayPay(ペイペイ)”Origami Pay(オリガミペイ)”LINE Pay(ラインペイ)”

 

不要メガネリサイクル

もう使わない不要な眼鏡をご提供下さい。ライオンズクラブを通じて発展途上国に寄付させて頂きます。常時受付中です。ご協力お願い致します!(メーカー・ブランドは問いません)


【SNSでも情報発信中!】

当店”Facebookページ” いいね!よろしくお願い致します!

当店”Instagram” フォローよろしくお願い致します!

当店”LINE@” 友達登録よろしくお願い致します!


【ハヤシメガネ(防府緑町本店)ご紹介】

創業明治8年(西暦1875年)、店舗面積70坪の山口県最大級のメガネ館です。
防府天満宮の下で創業し、銀座商店街に移り、現在は防府市公会堂のすぐそば(西側)にあります。

”GOOD GLASSES, GOOD LIFE”
良いメガネは、良い人生を創る、良い人生のためには良いメガネが必要です。

ハヤシメガネではリーズナブルなレンズ付セット商品からスーパーブランド、メイド・イン・ジャパンの高機能フレーム、こだわりのセレクト系ブランド等、多くの方の価値観に合う、たくさんの良いメガネフレームを取り揃えております。

そしてアイウェアファッションアドバイザーと、長年地域に根ざしてきた信頼と安心の技術(認定眼鏡士在籍)による「良いメガネ」で、多くの方に「良い人生」を送って頂くお手伝いを致します。(補聴器・時計も販売致しております。)


ビデオを上映したりお子様を遊ばせるキッズスペースもございます。
ゆったりとしたスペースでゆっくりとメガネ選びをお楽しみ下さい。
また、ハヤシメガネ防府緑町本店は人気メガネブランド”999.9(フォーナインズ)”の全国でも数少ない専門店”999.9 selected by HAYASHI-MEGANE(フォーナインズ・セレクテッド・バイ・ハヤシメガネ)”を併設しています。
フォーナインズのメガネ・サングラスを常時1,000本以上在庫し、フォーナインズ専門スタッフがフォーナインズの魅力を余すことなくお伝え致します。

TEL:0835-22-0965
〒/住所:〒747-0026 防府市緑町1-10-7
(防府市公会堂西隣 JR防府駅より約700m、徒歩約15分。山陽自動車道 防府東・防府西インターより約2.5km、車で約10分。)
営業時間:朝10時〜夜8時(※視力・度数測定の受付は夜7時半まで)  
定休日:なし
駐車場:店前最大18台(※居酒屋ぜん さんと共用。満車の場合は近隣有料駐車場の駐車券を差し上げます。)
※カーナビの案内で来店される方へ。 店舗の裏(東側・従業員駐車場)に案内される場合が多いようですのでご注意下さい。

 

【MAP】

>大きな地図はこちらをご覧下さい。

 

※商品の在庫は変動致します。お目当ての商品がある方はご来店前にお問い合わせ下さい。

TEL:0835-22-0965

E-Mail: info@hayashi-megane.co.jp
※通常メールへの返答は遅くとも3日以内に致します。返答が無い場合は見落としや迷惑メールBOXに入っている等の可能性がございます。恐れ入りますが再送信頂くか、違うメールアドレスから送信頂くか、お電話にてお問い合せ下さい。また、まれにエラーで返信できないことがあります。パソコンからのメールが受け取れるメールアドレスより送信して下さい。(メールに電話番号を明記して頂くと返信できない場合に連絡できます。)

 

下記サイトもぜひご覧下さい!

ハヤシメガネホームページ: http://www.hayashi-megane.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/HayashiMegane/

Instagram: https://www.instagram.com/hayashi_megane/

LINE@: https://page.line.me/hayashi-megane

”999.9 selected by HAYASHI-MEGANE”はハヤシメガネ防府緑町本店と別に電話番号やホームページ・ブログ等がありますので、ぜひご覧下さい!
TEL:0835-24-8849(下4桁”ハヤシ・フォーナインズ”)
ホームページ: http://www.fournines-selected-by-hayashimegane.jp/
ブログ: http://9999byhayashi.jugem.jp/
Facebook: http://www.facebook.com/999.9selectedbyHAYASHIMEGANE

Instagram: https://www.instagram.com/999.9selectedbyhayashimegane/

LINE@: http://accountpage.line.me/999.9hayashimegane


最後までご覧頂きまして、誠にありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

comments

   
pagetop